FC2ブログ

スーダンビザ情報の補足

スーダンにはちょっと変わったルールがあり

入国して休日を除く3日以内に

レジストレーションという外国人登録をしなければなりません。

これを怠ると・・・

どうなるかわかりませんが

ムスリムの世界で決まりごとを守らないと

怖い目に遭いそうなので、私も申請しに行きました。




私のスーダンの旅はケニアでゲットしたロンリープラネットのコピーだけが頼り。

その情報によると、レジストレーションオフィスは

泊まっていた宿から歩いていける距離なので

面倒な事はさっさと済ませようと、そこへ向かいました。



地図を元に辿り着いたのはお役所機関が集まっている地域なので

そこら中に警備の警察がいっぱい。



「レジストレーションしに来たんだけど」と言うと


「あの建物だ」と言うので、そこへ入ると

そこの人は「ここじゃない、あっちだ」と。

なーんか嫌な予感・・・。


その「あっち」の建物に入ると

「ここには無い。場所が変わったんだ。

俺が運転手に場所を説明してやるからタクシーに乗って行け」

と言うのですが、本当かなぁ・・・。




そうこうしていると、英語が通じる女性警官が出てきて

事情を理解してくれ、

新しく移った場所の住所を教えてくれました。

「本当に移転したのよ。これを運転手に見せれば辿りつけるから」と。



私は一度宿へ戻り、宿屋のオヤジに

そこまでのバスでの行き方を教えてもらい

いざ出発。




辿り着いたのはこんなところ。

本当に移転してたみたいです。

カルツームレジストレーションオフィス

盗撮です(汗)

スーダンは公共施設などの撮影は禁じられています。

その辺に居る警官に見つかると本気で止めてくるので怖いです。




レジストレーションにはお金がかかります。

いくらだったっけ?(笑)

この時既に具合が悪く、メモを取る元気もなかった模様。

記録が残っておりません・・・。

US$50相当分くらい?もっと?取られた気が・・・。

とにかく高い。




手続きにはパスポートのコピーが必要です。

窓口でコピー可です。

もちろん小銭はかかるけど。
スポンサーサイト



スーダンビザ

私が取得した2010年9月7日時点の情報です。
変動する可能性もありますので
参考にされる方は、ご自身でご確認願います。





ウガンダのカンパラにあるスーダン大使館にて取得。



シングルエントリーで

55000ウガンダシリング(約US$25)


支払いはウガンダシリングのみでした。

スーダンビザ





当初、ケニアのナイロビかエチオピアのアディスアベバで取得の予定でしたが

情報収集していると、ケニアでもエチオピアでも

取得が困難になっているとの書き込みが多数見受けられた為

急遽、ウガンダでの取得を試みました。




情報筋によれば、スーダンビザ申請時には

日本大使館からのレター(推薦状のような物)が必要ということで

まずは日本大使館へ。



人生初めての日本大使館。

他の国の大使館や領事館には沢山行ったけど

自分の国の大使館って何か不思議な感覚・・・。

ホームのようで、ホームでない。

心のよりどころの様だけど、緊張感漂いまくり・・・。




入り口で受付を済ませ、建物の中に入ると

領事が出てきて「どういったレターでしょうか?」と尋ねられました。




「スーダンに行きたいので、ビザ申請の為のレターを発給して頂けませんか?」





すると・・・



「レターというものは、ビジネスや慈善活動等で行かれる方に発給するもので

旅行者には出す事ができません。そういう決まりなので」


とのこと。





ガーン・・・。






ここでスーダンへの道は途切れたか・・・?





女一人でスーダンビザ取得の為とか言って訪れた私を

領事さんはとても気に掛けてくれ

大使館らしいアドバイスや注意を促しながらも




「私も若い頃は結構あちこち行ってたんですが

もう、そういうわけにはいかないので・・・羨ましいです」




なーんて言われたり(汗)

出会った場所が大使館でなければ

もっと色んな話を聞く事ができそうな

そんな面白いネタを持っていそうな方でした。





とはいえ、いずれにせよレターは出ません。

丁寧にお礼をし、日本大使館をあとにしました。





仕方が無い、宿に戻るか・・・





な~んて、なるはずがなく

私はその足でスーダン大使館へ。

こうなったらダメもとだぁい!!!






日本大使館からそう遠くない場所にそれはありました。

狭い入り口には機関銃を肩に掛けたガードマン。

「ハロー、ビザの申請に来たよー」

と言うと、ノートに名前・パスポート番号など書かされ荷物チェック。



爆弾は持っていないか?



と、ニヤッとするガードマン。

冗談も言えるのね(笑)





さて、中に入りカウンターで「ビザを申請したい」と言うと

無愛想なオヤジがぶっきらぼうに申請用紙をくれました。

血液型とか、母親の名前とか、宗教とか

今まで記入してきた国々では見受けられなかった項目もあったけど

まぁ、特に問題なし。




写真を添えてオヤジに提出すると

またぶっきらぼうに「マンデー!」とだけ言って受け取ってくれました。




え?これだけ?

あっさり受理?





私が申請したのは木曜日。

翌々営業日に受け渡しってことみたいです。




ちなみに私はこの時、オヤジにビザ代金の確認はしたものの

請求されなかったので後払いか?と思い

のこのこと月曜日に出かけたら

「お前金払ったか?」と訊かれ

「まだ。今払うよ」と言うと、お金だけ受け取り

「受け渡しは今日はもうだめだ。明日出直せ」と言われ

粘りに粘ってみたものの

「スーダンのルールだ。ノーと言ったらノーだ」とのこと。




それで、結局翌日出直すはめに・・・。

でも、このぶっきらぼうオヤジ、

翌日私にパスポートを渡す際に

「待たせて悪かったな」と一言。




オヤジ~!!!

結構イイ奴じゃん!!!

なに、ぶっきらぼうなのは照れ隠しか何か!?




と、まぁ、こんな感じで無事スーダンビザ取得に至りました。





ちなみに、エジプトでスーダンビザを取得し

南下してきた人の話によると

エジプトでは日本大使館からのレターが必要(簡単に出してくれるらしい)で

ビザ代は4倍のUS$100だそうです。

ケニアビザ

私が訪れた2010年9月8日時点の情報です。
変動する可能性もありますので
参考にされる方は、ご自身でご確認願います。





ウガンダからの国境で取得。

シングルエントリーでUS$25

国境に到着したのは深夜でしたが

問題無く、申請・取得できました。

写真は不要。





25ドルぴったり持ち合わせておらず

30ドル出したら釣りが無いと言われ

ケニアシリングでのお釣りとなりましたが

当然のごとく損しました・・・。

ま、よくある話?です。トホホ・・・。


ケニアビザ


アフリカ諸国内でこのビザ料金は良心的な方ですねー。

国境での取得にも関わらず

ちゃんとステッカーなのが嬉しいです。

安っぽいですが、ビッグファイブ(ライオン・ヒョウ・サイ・バッファロー・ゾウ)の写真入り。

ウガンダビザ

私が訪れた2010年8月31日時点の情報です。
変動する可能性もありますので
参考にされる方は、ご自身でご確認願います。




ルワンダからの国境にて取得。

シングルエントリーでUS$50

ウガンダビザ

50ドルでスタンプって寂しいなぁ・・・。

大使館で取得するとステッカーの立派なビザらしいです。





このウガンダという国、とっても素敵なんです。

なんと、ビザに学割があるんです!





でも、私ったら、それをすっかり忘れていて

国際学生証を持っているにも関わらず

しっかり通常料金で取得してしまいました。





ま、本当は学生じゃないから、これが正当なんですけどね(笑)

ルワンダビザ

私が訪れた2010年8月18日時点の情報です。
変動する可能性もありますので
参考にされる方は、ご自身でご確認願います。



タンザニア、ダルエスサラームにあるルワンダハイコミッションにて取得。



国境でも取得可です。

でも、どうしても大使館・領事館で取りたかったのです。



その理由は・・・



ゴリラフォログラム!!!


国境で発行されるビザはスタンプらしいです。

一方で大使館・領事館ではステッカーのビザが発給されます。

そのステッカーにゴリラのフォログラムが付いているという話。

どうせ高いビザ代を払うなら

ゴリラフォログラム入りがいいじゃん!?



というわけで、行って参りました。

ルワンダハイコミッション外観

ルワンダハイコミッション



私が訪れたのは水曜日。

申請用紙に記入して提出すると金曜か週明けの月曜になるとのこと。

粘ったら即日発行してくれないかなー



そこで、考えました。



「私、明日からザンジバルに行くからパスポートが必要なの」

タンザニアはタンガニーカとザンジバルからなる連合共和国。

ザンジバルへ渡るにはパスポート必携なのです。



すると、係りの女性職員は



「残念ながら、今日は無理。

 あなたのデータをキガリ(ルワンダの首都)に送って

 発行許可が下りるのを待たなきゃならないのよ。

 ザンジバルならパスポートのコピーでも行けるわよ」



「でも、コピーで何か問題が起こったら困るし・・・」



「国境でも発行しているから、国境で取っては?」



「でも、私はゴリラ入りのビザが欲しいので・・・」



「それなら・・・」

と、この女性職員が素晴らしい方法を提示してくれました。



パスポート情報をスキャンして申請する。

その間、私のビザが発給される。

ザンジバルから戻ってきたらステッカーはできているから

あとはパスポートに貼るだけ!




なんて素敵な案なの!!!

っていうか、そんなことできるの!?




でも、彼女がいいって言うんだから大丈夫なんでしょう。




そして、ザンジバルから戻り、週明けの月曜日に再度訪問。




すると・・・まさかの・・・


「まだできていないわよ」

っておいおい!!!困るよ!!!

あたしゃ明日には移動するんだよ!バスも予約済みなんだよ!



「ビザ代は振り込んだ?」

ここの領事館では、ビザ代を指定の銀行口座へ振り込み

そのレシートと引き換えに発給ということでした。

しかし、私は申請時に

「今はまだ振り込まないで。ビザを受け取ってからにしてね」

と彼女から言われたのです。



「ビザ受け取ってからってあなた言ってましたよね?」

すると彼女は聞いて聞かないふり。



「大使のサインが必要なんだけど、彼は今外出中。
 
 しばらくしたら戻ってくると思うから、少し待ってて」



そう言われて、待つこと約30分。



「僕に用事があるというのは君かね?」

と、長身の男が現れました。



「Give me visa now」


すると彼はごちゃごちゃ説教を始めました。


「何故朝のうちに来なかった?」→時間の指定されてないもん

「明日じゃダメか?」→明日の早朝のバスで出発するんだもん

「どういうルートで行くんだ?」→こんなルート。(と説明した)

「それは遠回りだからこう行け」→はいはい。(変えるつもりないけど)

「今すぐバスの変更しろ」→この後、自分で変更しに行くよ。

「ビザ代は振り込んだのか?」→彼女が発給後にって言ってたからまだ。

「それなら今から行け」→ここで現金で払っちゃダメ?

「口座に払わないとダメだ」→でも銀行遠いし、もう時間無いし・・・

「今、現金はあるのか?」→あるから、あなたに払う!



と、無理矢理現金払いの方向に持ち込んで

ビザ発給をお願いしたのでした。



そこで発覚したのが・・・

全然私のビザの準備がされていなかったということ。

まぁ、普通ビザ代が振り込まれたのを確認して発給するわな。

でも、後でって言われたんだもん、しょうがないじゃん?



ぶつぶつ文句を言いながら

大使はその場で私のステッカー式ビザを作ってくれました。

そしてビザ代を渡すと嫌味を一言。


「金を振り込むのは私の仕事ではない。また一つ仕事が増えた」



そんな時は、満面の笑みで

So sorry,thank you very much!!!



これで念願のゴリラフォログラム入りビザをゲットしてのですが

フォログラム部分が思いの外小さくてちょっとがっかり・・・。


ルワンダビザ





ルワンダハイコミッション@ダルエスサラーム

住所
32Ali Hassan Mwinyi Road,Upanga

ビザセクションは9:00~16:00

写真2枚必要

ビザ代はシングルエントリーでUS$60(高い・・・高すぎやしないか・・・)
05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Ouchi Tomoko

Author:Ouchi Tomoko
&brcurrent銀座でホステスを始めて4年ちょっと。その間、色々やってました。
そろそろ色んな事から卒業して旅に出ようと思います。

☆★☆★ 世界一周 放浪中 ★☆★☆
日本メキシコキューバジャマイカメキシコベリーズグアテマラ





より大きな地図で 今☆ココ を表示




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
World-翻訳-EX
Chose your language !
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード