FC2ブログ

ナイロビで肉のお祭りじゃー!!

「俺達、明日からサファリに行くんだー」

「私達、マサイマラのツアーから帰ってきたところなんです」




ケニアの首都、ナイロビにあるゲストハウス。

日本人旅行者が集まるこの宿では

こんな会話が飛び交っています。

宿でツアーの申し込みもできるし

この辺りを旅している人は大体がそれ目的なので

一緒に行く人も見つかりやすいし

最少催行人数を気にする必要もありません。




「サファリ、行かないの?」

とか

「サファリも良いしマサイ族にも会えて良かった!行った方がいいよ」

とか、会話の流れでそんな風に言われるのですが

サファリはボツワナのチョべで行ったし(その時の日記はコチラ→♪チョベ~サファリパ~ク♪

マサイ族はタンザニア(首都ダルエス・サラームやザンジバル島)で

歩いていればマサイに当たる程・・・とは言いすぎだけど

結構出会ったしなー。





もちろん、サファリは国や地域によって違いもある。

マサイ族も、彼らの村まで行ったわけじゃないから

本来の姿を見たわけじゃないのかもしれないけど

ツアーで行くってツアー用な感じもするし

わざわざ再度お金を掛けてそれらのツアーに行く気になれなかったんです。





そんな時、一人の旅人がこんな企画を打ち出しました。






世界トップ50に入るレストランでの食事ツアー





彼曰く、ここナイロビに

世界トップ50に入るというレストランがあるそうなのです。

何を基準にトップ50を選出しているのかは不明なのですが

仮に日本で世界トップ50に入るお店で食事をするとなると

おそらく○万円の世界でしょう。

ところが、ナイロビのそのお店はなんと、

日本円で3000円程度で食べる事ができると言うではありませんか!

現地人にしてみれば物凄い贅沢かもしれませんが

ここは先進国パワーを発揮!!!





そんなわけで、同じ宿に泊まっていた人達に声を掛けたところ

この話に乗ったのはなんと、私含めわずか3人(笑)





言い出しっぺ & 食べ盛りの大学生 & 私





仲良く乗り合いバスに乗って行って参りました。

ご飯にお金を掛ける事ができても

移動にお金を掛けないのは3人共通のポリシー(笑)





お店の名前は、カーニバル。

どんな美味しいお祭りが待っているのでしょうか!?





立派な入り口にはライオンがガオー!!!

気分はライオンキング。

カーニバル入り口1




敷地内はどこも綺麗に整備されていて

なんだかとっても場違いな感じな私達(笑)

カーニバル入り口2



中に入るとお客さんでいっぱい!

カーニバル内部オサレ


欧米人も居たけど

日本人のツアー客の多さにビックリです。

ここなら年配のツアー客も安心して食事できるんだろうなぁ。




ドーンっと真ん中に置かれたのはソースたち。

肉の種類によって使い分けます。

カーニバルソース



言い忘れました。

ここ、アラカルトでも注文できますが

焼肉食べ放題コースで約3000円です。

肉の他にスープやパン、サラダも付いてきます。



メインの肉はなんと11種類!!!


ソーセージ

ローストビーフ

ラム

ラムのウィンナー

チキン

手羽

七面鳥

ポーク

ポークリブ

ダチョウの肉だんご


ダチョウの肉団子

牛のコブ肉

牛のコブ肉

これが、めっちゃくちゃ美味しい!!

脂がのっていて、トロみたいです。

あぁ・・・思い出しただけでよだれが・・・。



牛のコブ肉と言われても、イマイチピンときませんよね。



コブを持ってる牛がアフリカにはいるんです。

こんなの。

コブ牛のイラスト

牛っていうより、ヤギみたくなってしまった・・・(汗)






お肉はこんな感じでスタッフが巡回しながら分けてくれます。

カーニバルの肉とモロッコさん



なんと、このお肉食べ放題には

食後のデザートまで付いてきます。

数種類ある中から、私はチーズケーキをチョイス。

カーニバルチーズケーキ




はぁ~、し・あ・わ・せ。





二度目のサファリより

マサイ族の村の訪問より

やっぱ、を選んで良かったー。





と、思い込んでいます。





この肉の祭りで栄養を付け、私はいよいよスーダンへ・・・。

まさかこの先で悪夢が待ち構えているとは

この時、知る由もありませんでした。

物より金

しばらくブログの更新をサボっていました(汗)

書くことは好きなのですが

書きたい事がありすぎて、なかなか進まなくて

ヤキモキしちゃうんですよね、私。

そんなわけで・・・

前エントリーまでは更新しまくっていましたが

ちょっと息切れしてしまい、休憩していましたー。

久々の復活です。




早いもので、気が付いたら日本に到着して早1ヶ月半。

「えっ!?日本に帰ってきてるの!?」

と、未だにたま~に言われます(笑)

帰国した事情についてはコチラ→帰国と入院






再出発の予定もまだ立たず

実家で主婦のような生活をしておりますが(主婦って結構忙しい!)

日々、日本の面白さを再発見し

さりげない事に「プププ」と笑ったり、「わぉ!」と驚いたりしながら

家族や友人と有意義な時間を過ごしている毎日です。



お陰様で身体はすっかり良くなり

先日はフットサルにも挑戦してきました。

初心者なので、ただでさえアタフタしているというのに

すぐ息切れするし、足はもたつくし・・・。

走るの位はできると思っていたのに

身体はそれすらも言うことを聞いてくれない。

「こんなはずじゃない」と思うのは年を取った証拠でしょうか(汗)

せっかくパスをもらっても、そのボールの速さについていけない・・・



悔しいので、最近、ジョギングを始めました(笑)

今のところ、7日間続いています。

これを継続させねば!と気合だけは十分です。



そのジョギングをする際に着ているこの上着。

ケニアで買ったナイキジャンパー

実はケニアで買ってきました。

ナイキです。タグや生地をよーく見る限り本物です。

そのお値段、なんと約100円!!

古着だからなんですけどね。



ケニアの首都ナイロビにある、この古着市場。

古着市場1

目利きの人にとってはパラダイスのようです。

私は洋服の価値については全然わからないので

せいぜいこの上着を買うにとどまりましたが

同じ宿に泊まっていた大学生は

ヴィンテージ物のジーンズを20本位買い占めたと言っていました。

しかも超格安(1000円以下など)で。

日本でオークションに出せば10万以上に化ける物もあるそうな。

何でそんなハイカラな物がここケニア・ナイロビの

こんな汚らしい市場にあるのか!?

古着市場2

これ、世界中から集められた古着のようです。


古着市場3

洋服に限らず、あらゆる靴やバックなども売っています。

くちゃくちゃの洋服はこんなアイロンで伸ばされたり

古着市場アイロン

リメイクされたりもしていました。

そういう職人がいるんです。

でも、リメイクのデザインは本当にイケてなかった・・・。

そういうのを目にすると「あー、やっぱアフリカだ」って思います(笑)



これらの古着、恐らく世界の善意の集合体と思われます。

見方と言い方をちょっと変えれば世界の不要品かもしれませんが

これらが流通して、現地人の貴重な現金収入となっているわけです。




どんな機関、どんな人が関わって

どんな風に流れてくるのか詳しいことはわかりませんが

なんとなく想像はついて

その予想はなんとなく当たっているんだろうと思います。




いずれにせよ、末端ではこうなっています。




私達が善意で物を送っても

現地人が必要とするのは、やはり現金。




もらった物を売るなんて・・・

善意であげているのに、それを売るなんて

まったく・・・




そう思われる方も少なくないはず。

かつての私も、そう思っていました。





でも、こうなっています。

もらった物をどうしようと、もらった側の自由。

不必要な物から必要な物へ。

お金に換わるということは、その服を必要として買う人が居るということ。

それはそれで、よし。



旅を通して、こういう現実もスッと受け入れられるようになりました。





ちなみに、この古着市場

行くなら複数で行った方が良いと思われます。

街の中心から20分くらい歩くのですが

途中、ちょっと雰囲気の悪い所を通るので。

ものすごくヤバイわけではありませんが

何となく、一人ではちょっと・・・って感じです。

一応、世界的に治安が悪い事で有名なナイロビなので(笑)





それから、この市場、ものすごく足場が悪いので

サンダルではなく靴を履いていく事をオススメします。

と、こんなことはどうでもいい忠告ですね(笑)





行き方は、ナイロビ日本人常宿のニューケニアロッジにある

情報ノートを見てください。

ニューケニアロッジを出て目の前の道をひたすら左に行くだけです。

伝言でーす

Mjapaniさま



メッセージフォームからのご連絡、ありがとうございました。

記載のメールアドレスに返信を試みたのですが

どういうわけか、何度送信してもエラーとなってしまい

こちらからご連絡できずにおります。

すみません・・・。

もし、twitterやmixi等のアカウントをお持ちでしたら

今一度メッセージにて教えて頂けたらと思います。



お手数お掛けしますが、宜しくお願い致します。






メキシコ・グァナファトで出会ったみおさん



以前、このお知らせカテゴリーでも呼びかけましたが

その時のエントリーはコチラ→お呼び出し申し上げます

もし、またこれを見てくれていたら連絡ください!





他の方も用のある・無しにかかわらず

左のメッセージフォームよりお気軽にご連絡くださーい!




お酒も解禁になったので、飲みのお誘いもお待ちしてまーす(笑)

とりあえず、今のところ12月中旬までは確実に日本に居る予定です。

一国一枚運動 ~ケニア編~

一国一枚運動って何!?という方はコチラ→一国一枚運動




【ポストカード】

ナイロビの街中にある書店にて購入。

ケニアポストカード

郵便局がある通りには文房具屋が軒を連ねており

そこでも売っていましたが

書店の方が安い上に種類も豊富でした。

ヒョウの形のハガキが気にいっちゃったー。





【郵便局】

ナイロビ市街にある、ナイロビ中央郵便局。

鳩のモチーフがかわいい!

間違いなく運ぶのは鳩ではなく、人ですが(笑)

ケニアポスト入り口

とっても近代的で大きなビルでした。

内部もキレイで落ち着いた雰囲気です。

ケニアポストカウンター





【送料】

日本まではハガキ1枚95ケニアシリング (約100円)





【その他】

局内には自由に使える作業テーブルが設置されていました。

なんて気の利いたサービス!

ケニアポストテーブル



営業時間はこんな感じです。

ケニアポスト営業時間



ケニアからいってらっしゃ~い!!!

ケニアポストボックス2

ケニアビザ

私が訪れた2010年9月8日時点の情報です。
変動する可能性もありますので
参考にされる方は、ご自身でご確認願います。





ウガンダからの国境で取得。

シングルエントリーでUS$25

国境に到着したのは深夜でしたが

問題無く、申請・取得できました。

写真は不要。





25ドルぴったり持ち合わせておらず

30ドル出したら釣りが無いと言われ

ケニアシリングでのお釣りとなりましたが

当然のごとく損しました・・・。

ま、よくある話?です。トホホ・・・。


ケニアビザ


アフリカ諸国内でこのビザ料金は良心的な方ですねー。

国境での取得にも関わらず

ちゃんとステッカーなのが嬉しいです。

安っぽいですが、ビッグファイブ(ライオン・ヒョウ・サイ・バッファロー・ゾウ)の写真入り。
05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Ouchi Tomoko

Author:Ouchi Tomoko
&brcurrent銀座でホステスを始めて4年ちょっと。その間、色々やってました。
そろそろ色んな事から卒業して旅に出ようと思います。

☆★☆★ 世界一周 放浪中 ★☆★☆
日本メキシコキューバジャマイカメキシコベリーズグアテマラ





より大きな地図で 今☆ココ を表示




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
World-翻訳-EX
Chose your language !
powered by 3ET
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード